タバコ

 タバコを通して赤ちゃんの成育環境を考える

「タバコにさよなら」を!

1.はじめに:おとうさん、おかあさんのためのタバコ学概論

世界の人々の健康増進と疫病予防を目的とした国連機関の1つである世界保健機関(WHO)は、「”喫煙”は、先進国の成人においては、”単一で予防できる、病気と死亡の最大の原因”である」というメッセージを出しています。

タバコもお酒も個人の嗜好の問題だから、よけいな干渉はしないでほしいという意見を時々耳にします。ところがこの両者はまわりへの迷惑という点で全く違うのです。お酒またはアルコールによる被害は、飲酒運転や酒にからんだ暴力事件などを除けば、周りの人への迷惑は間接的なものであり実害は殆どでありません。これに対し喫煙によるタバコの害は、「間接喫煙」という言葉とは裏腹に、受動喫煙、強制喫煙、迷惑喫煙といった言葉に示されるように、まわりの人々とくに幼い子ども達に対し、不可避的なタバコの害を与えてしまうのです。今回はタバコを通して赤ちゃんの成育環境をご一緒に考えてみましょう。

1 2 3

コメントは受け付けていません。